2019年6月9日に講演会を行います



7歳の壁を乗り越える
軽度発達障がい児指導講座

 軽度発達障がい児は幼児期からことばの問題、社会性の問題を抱えていることが多くあります。そのまま小学校入学を迎えてしまうと学習上の問題を引き起こしてしまいます。国語は読んでも何を書いているか理解できない。算数では計算や文章題はできないといったことが起こってきます。
 この状態が小学校3年ぐらいまで続いてしまうと、次の10歳の壁を乗り越えることが非常に難しくなります。この10歳の壁を乗り越えないと高校入試に大きなハンディをもってしまうことになりかねません。そうならないためにも、学校へ入学する前に言葉の後れや行動上の問題は解決しておくことが必要になります。遅くとも1年2年生の間に解消しておくことが必要です。
そのためには早い段階からのアプローチが必要になります。ただし、闇雲に指導しても限界に達してしまいます。子どもさんの状態をよく見て、必要な支援は何なのかを見極めて支援をしないと逆効果を招きかねません。今回は、行ってきた指導でどう壁を乗り越えたかについてお話をします。
また座談会では幼児の育ちと能力獲得やその遅れについてお話しします。 このお話は軽度発達障がい児をおもちの保護者の方や指導者の方の参考になるものと考えます。
日時:2019年6月9日(日)  13:00から16:00
場所:きらめきプラザ 2階 大会議室
(岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館)
  岡山市北区南方2丁目13-1    TEL 086-231-0532



第一部
演題:「7歳の壁を乗り越える」
 ~就学に必要なレディネスをつける~
講師:岡山D&Lスクール代表 田口 貴春


第二部
座談会
テーマ:国語・算数などの教科学習につまずかないために
・田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)
  ・小田 晴子(元幼稚園教諭)
  ・津田 誠一(NPO法人遊育・遊びを育てる会)


参加自由です。事前の申し込みは必要ありません。
主催:NPO法人遊育・遊びを育てる会
問い合わせ先
住所:岡山市北区津島南1-1-4   電話:086-256-0630
参加費:無料
後援:岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会
※ 当日は公共交通機関をご利用ください。



"チラシはこちらです(PDF版)"












ページトップに戻る